iPhone修理工房 小松店

iPhoneの液晶パネル割れ、バッテリー交換、水没等の各種修理はお任せください!

  • ホームページトップ画像
  • 液晶割れは当店にお任せください
  • バッテリー交換はお任せください
  • PowerCoating_ヘッダー

トップ小松店ブログ ≫ 覚えておこう!水に濡れた際の正しい対応!! ≫

覚えておこう!水に濡れた際の正しい対応!!

水に濡れた際の対応

どうも、iPhone修理工房小松店の山本です。
連日雨が降り続いてますねぇ…九州の方はニュースなどでも報じられている通りの状況で、掛ける言葉が見当たりません。まだしばらく梅雨は続きますから今後他の地域でも過去に例のない集中豪雨があるかもしれません。備蓄や避難場所の確認などの準備をしておいた方が良いかもしれませんね…。


さて、雨が降る中で外出することもあるかと思いますが、iPhoneやスマホなどが濡れてしまった時に正しい対応方法はご存知でしょうか?今回は濡れてしまった時の正しい対応方法と絶対にやってはいけないことをご紹介していきます。


【雨など軽く表面が濡れた時の正しい対応】
(1)念の為、電源を「オフ」にする (2)カバーやケースを外す(3)タオル、ティッシュなどで拭く

ここで重要なのは、「カバーやケースを外す」ということです。意外とカバーやケースの内部にまで水が侵入していることが多いのでカバーを外してしっかり確認しましょう。


【表面どころか完全に浸水したと思われる場合の正しい対応】
(1)電源を「オフ」にする (2)表面の濡れを拭く (3)水没洗浄修理可能なお店に一刻も早く持ち込む

完全に浸水してしまった場合、ドライヤー、乾燥剤、米(コメ)などを使用しても内部の水分は除去できません。1週間ほど放置すれば乾燥するかもしれませんが、その頃に内部は錆(サビ)だらけになり基板破損している可能性が高いです。浸水した場合は一刻も早く内部の水分を直接除去して乾燥させる必要があります。


【水濡れ、浸水した時に絶対やってはいけないこと】
(1)内部に水分が残った状態で電源を「オン」にする (2)充電、PCに接続する (3)水気を飛ばそうと振り回す

とにかく内部が濡れている状態で「通電」させることでショートし、修理不能となることを避ける必要があります。水没した場合は直後に電源を切り速やかに内部の水分を除去乾燥させれば復旧する可能性は非常に高いと思います。長時間雨の中で作業されるなどの場合などは「ZIPロック」など密封できる袋などに入れるなどの自衛が大切です。
ご相談、修理のご依頼はお気軽に〜。




iPhone修理工房小松店(イオン小松店 1F)
TEL:0761-48-4842


#iPhone#アイフォン#iPhone修理#液晶割れ#ガラス割れ#画面修理#バッテリー交換#即日修理#データそのまま#iPhone修理工房#iPhone修理工房_小松#小松市#石川県#能美市#白山市#加賀市  


 
2020年07月06日 12:30