iPhone修理工房 小松店

iPhoneの液晶パネル割れ、バッテリー交換、水没等の各種修理はお任せください!

  • ホームページトップ画像
  • 液晶割れは当店にお任せください
  • バッテリー交換はお任せください
  • PowerCoating_ヘッダー

トップ小松店ブログ ≫ バッテリーのもちが悪いと感じたら「設定」で確認してみよう!! ≫

バッテリーのもちが悪いと感じたら「設定」で確認してみよう!!

BTセルフチェック

どうも、iPhone修理工房小松店の山本です。
本日の小松市はお昼頃から天気が悪くなってきており、若干寒く感じます。


さて、バッテリーのもちが悪くなってきたら皆さんどのように確認されていますか?最近ではバッテリーを診断するためのアプリが多数登場しており、それらを使用されているという方も多いかと思います。ただ中にはアプリ起動時に無関係な広告が表示されたりするものもあったりと信頼性は…?


現在「iOS 11.3」以降のソフトウェアでご利用いただいている方は、いちいちアプリをインストールすることなく標準でバッテリーの簡易診断が可能となっております。具体的には「バッテリーの最大容量」を確認していただくことが可能です。


「最大容量」とは、iPhoneを新品で購入し一度も充電していない状態が最大容量100%となります。これがご利用期間や充電・放電を繰り返すことにより劣化が発生し、最大容量が徐々に縮小していきます。これをバッテリーの消耗、バッテリーの劣化と言っているわけです。イメージとしては、最初に水を100cc貯めることができた容器が劣化により90ccしか貯めることができなくなってしまったような感じです(分かりやすいかちょっと疑問…)


Appleでは500回フル充電(満充電)を繰り返しても80%の状態を発揮できるように設計されているとのことです。逆に言うと500回に満たないのに80%を下回る場合や500回を上回る充電をされている場合はバッテリーの劣化傾向にあり交換時期を迎えていると言えるかと思います。(500回フル充電に到達する時期はだいたい1年半〜2年ぐらい)


バッテリーのもちが悪いなぁと感じ始めたら、まずは「設定>バッテリー>バッテリーの状態>最大容量」にて確認してみましょう。ひとつの目安として「80%」を下回っている場合は交換時期を迎えている可能性が高いです。なお、当店では「バッテリー無料診断」を実施しておりますが、「最大容量」と併せて「満充電回数」もチェックしご案内しております。より詳しくバッテリーの状態を確認されたい方は是非ご利用ください。




iPhone修理工房小松店(イオン小松店 1F)
TEL:0761-48-4842


#iPhone#アイフォン#iPhone修理#液晶割れ#ガラス割れ#画面修理#バッテリー交換#即日修理#データそのまま#iPhone修理工房#iPhone修理工房_小松#小松市#石川県#能美市#白山市#加賀市  
 
2020年04月26日 15:30