iPhone修理工房 小松店

iPhoneの液晶パネル割れ、バッテリー交換、水没等の各種修理はお任せください!

  • ホームページトップ画像
  • 液晶割れは当店にお任せください
  • バッテリー交換はお任せください
  • PowerCoating_ヘッダー

トップ小松店ブログ ≫ 暖かくなってきたら「水没・水濡れ」にご注意ください! ≫

暖かくなってきたら「水没・水濡れ」にご注意ください!

水没注意

どうも、iPhone修理工房小松店の山本です。
本日の小松市、若干風は冷たいですが陽が差して良いお天気ですね!


さて、暖かくなってくると徐々にご依頼件数が増えてくるのが「水没・水濡れ」です。寒い時期に比べると水場に持ち込むシーンが増えるのが多くなるのでしょうか?冬のシーズンでは、雨や雪が降っているとiPhoneユーザーも流石に警戒して滅多なことは無いのでしょうが、この春〜夏にかけては気が緩みがちなのか1年で最も水没復旧のご依頼が多くなるシーズンのような気がします。



「水場に持ち込まない」というのが一番「水没・水濡れ」を防ぐ最適な選択ではありますが、やむを得ず持ち込むような場合は「ジップロック」のような密閉可能な袋に入れて使用しましょう。袋越しでもきちんとタッチ操作可能なのでご安心を。多少音量は小さくなりますが通話も可能です!お仕事などで頻繁に水場に持ち込むという方はiPhone専用の防水ケースなどを用意するのが良いかもしれませんね!「ジップロック」に比べれば出費となりますが、iPhoneを買い直すこと考えれば安いものです。


万が一iPhoneを水没させてしまった、iPhoneに水をかけてしまったという場合まずやることは1つです。「まず電源を切る」これを水没後どれだけ短時間に実行できるかによって復旧可否が決まるといっても過言ではありません。間違っても「充電器に接続」「PCに接続」などはやってはいけません。せっかく電源を切ってもこれらを行うと通電している状態となります。とにかく内部に電気を流さないことが非常に重要となります。電源を切ったらなるべく早く、「水没復旧作業」が可能なお店(当店など)へお持込みください。通電を止めた後は、なるべく早くiPhone内部の水分や汚れを除去する必要があります。時間が経過するほど腐食が進行し内部パーツが深刻なダメージを負います。


あと、気持ちは分かりますが、分解せずに「ドライヤーを当てる」「シリカゲルに突っ込む」「除湿剤と一緒に袋に入れる」「生ゴメに突っ込む」など。これら内部の水分を除去するつもりでやる方が非常に多いのですがほとんど効果がありません。湿気は取れるかもしれませんが水滴まで除去できることはありえません(1ヶ月ほど放置したら乾燥するかもしれませんが)分解してアルコール洗浄するのが最も効果があります。


万が一水没、水濡れさせてしまった場合はお気軽にご相談くださいね!




iPhone修理工房小松店(イオン小松店 1F)
TEL:0761-48-4842


#iPhone#アイフォン#iPhone修理#液晶割れ#ガラス割れ#画面修理#バッテリー交換#即日修理#データそのまま#iPhone修理工房#iPhone修理工房_小松#小松市#石川県#能美市#白山市#加賀市  
 
 
2020年03月03日 13:30